« 【株】 2008/09/26(金) ±0 日経▲113.37 | トップページ | 【株】 WTIに投機資金が流れ込み、また流れ出した・・ »

【linux備忘ログ】 VMware Playerを使ってWindows上でUbuntu 8.04.1を動作させる(9.04でもOK)

VMware Playerを使ってWindowsXP上でUbuntu 8.04.1を動作させましたhappy01

無料のVMware Playerでは予め作成された仮想マシンの実行しか行えませんが
複数のツールを組み合わせて使用する事で、仮想マシンの作成も行えますshine

ここにあるVMware用仮想マシンを使用せず、ISOイメージを使ってインストールから
行いました。これでVMware用仮想マシンの用意されていないWindowsや他のOSも
VMware Player上で実行できるようになります。

必要なもの
VMware Player (VMware)
QEMU
Ubuntu ISOイメージ (Ubuntu Japanese Team)
DAEMON Tools Lite

参考サイト
PUKIWIKI

手順
1.前述のツールをインストールしておきます。特にオプションなど指定不要です。
2.タスクトレイ上のDAEMON Toolsアイコンをクリックして、「デバイスn:[n:]なし」を
  クリック。続けてUbuntuのISOイメージファイルを指定し、マウントしておく。

3.QEMUに含まれるqemu-img.exeをコマンドプロンプト上で起動する。

  qemu-img create -f vmdk ubuntu.vmdk 10G

  "ubuntu"は任意、OS名でも付けるといいでしょう。次に作るファイルで参照します。
  "10G"は仮想ディスクサイズ(10GB)になります。

4.「ubuntu.vmdk」と同じフォルダに「ubuntu.vmx」というテキストファイルを作成する。
  中身は以下(全角スペースは解説部は除くこと)

  config.version = "8"
  virtualHW.version = "3"
  memsize = "512"   ←使用可能なRAMサイズ
  ide0:0.present = "TRUE"
  ide0:0.fileName = "ubuntu.vmdk" ←2.で作ったvmdkファイルを指定
  ide1:0.present = "TRUE"
  ide1:0.fileName = "auto detect"
  ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
  floppy0.fileName = "A:"
  ethernet0.present = "TRUE"
  ethernet0.connectionType = "nat"
  usb.present = "TRUE"
  sound.present = "TRUE"
  sound.virtualDev = "es1371"
  displayName = "ubuntu" ← 任意。VMware Playerのタイトルバーに表示される。
  guestOS = "ubuntu"  ←こちらの「3.guestOSに指定する値について」を参照
  nvram = "ubuntu.nvram" ←任意。
  scsi0:0.redo = ""
  ethernet0.addressType = "generated"
  uuid.location = "56 4d 84 6f 4b 0c 35 7a-d0 6c 2d 90 36 e9 71 64"
  uuid.bios = "56 4d 84 6f 4b 0c 35 7a-d0 6c 2d 90 36 e9 71 64"
  ide1:0.autodetect = "TRUE"
  ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:e9:71:64"
  ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
  checkpoint.vmState = "kubuntu.vmss"
  tools.remindInstall = "TRUE"
  ide0:0.redo = ""
  extendedConfigFile = "ubuntu.vmxf" ←任意。
  virtualHW.productCompatibility = "hosted"
  tools.upgrade.policy = "manual"

  ※各行の途中で改行が入らないように注意。

5.ubuntu.vmxをダブルクリックする。DAEMON ToolsにマウントしたCDが起動され
  Ubuntuのメニューが表示されるので、インストールするもよし、LiveCDとして
  起動するもよし・・ 

2009.7.11 Ubuntu9.04でも上記手順で動作する事を確認しました。

2009.7.11誤記修正

  chick自己責任でお願いしますchick


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 小遣いブログへ

★★何でも見つかる!Yahoo!ショッピング★★

« 【株】 2008/09/26(金) ±0 日経▲113.37 | トップページ | 【株】 WTIに投機資金が流れ込み、また流れ出した・・ »

linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36872/24053680

この記事へのトラックバック一覧です: 【linux備忘ログ】 VMware Playerを使ってWindows上でUbuntu 8.04.1を動作させる(9.04でもOK):

« 【株】 2008/09/26(金) ±0 日経▲113.37 | トップページ | 【株】 WTIに投機資金が流れ込み、また流れ出した・・ »

amazon

マイリスト

  • 暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
  • 暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
  • フルーツメール
無料ブログはココログ